葬儀に関する業者|プロに依頼で故人も安心

内訳を把握する

葬儀で必要になる費用の内容

葬儀

葬儀費用の相場を知る前に知っておくといいのがその内訳です。葬儀費用は「葬式一式費用」「寺院へ支払うお布施代、読経代、戒名料」「参列者への飲食接待代」の三つに分けることができます。 葬式一式費用は葬儀屋さんに支払う費用のことです。葬式一式費用に含まれるものは、葬儀屋さんの用意しプランによって異なります。葬式一式費用は葬儀費用の柱となるもので、20万円〜200万円まであります。 寺院関係者への寄付や戒名料などは不透明感が強い出費になります。いくらぐらい払うのが常識なのか戸惑う人も多いかと思いますが、安くて5万円、高いと20万円くらいが相場なようです。最後に必要になるのが参列者に対するおもてなしにかかる費用です。通夜式での接待料理などがこれにあたります。

規模によって違う葬式一式費用

どんな葬儀屋さんを利用するかによって葬儀費用というのはほとんど決まります。ムダなコストをカットして葬儀をするには、事前に見積もりを出してもらい、内容を検討する必要があります。 葬式一式費用は葬儀の規模、祭壇のランクなどにより決まってきます。一番小さな直葬はセレモニーホールを使用しないので安くなります。だいたい火葬料と骨壺などの最低限の費用を合わせて20万円位で行えます。家族葬も一般葬も借りることになるホールが大きければ高く、小さければ安くなります。家族葬は多くても50人くらいの参列者しかいないので、小ホールを貸し切って50万円くらいで行うのが一般的です。一般葬は一般会葬者も沢山来るので100万円ほどの費用になります。