葬儀に関する業者|プロに依頼で故人も安心

永代供養について

永代供養墓の価格について

葬儀

お墓を購入しても承継してくれる人がいない、子供や孫に余計な負担を背負わせたくないなどと考えて、永代供養墓を購入する人が多くなってきています。自分も欲しいと考える人がたくさんいますので、人気エリアで永代供養墓が販売されることになった場合は、抽選に当たらないと購入できなくなっているケースが多いです。気になってくるのがその価格ですが、立地条件や専有面積の広さ、合祀されるまでの期間の長さなどによって、価格が変わってきます。まさに千差万別状態になっていますので、相場価格のようなものを簡単に述べることはできません。ただし、現在販売されている永代供養墓の値段については、インターネットなどを利用すれば簡単に調べることができます。

お墓に対する考え方が変わってきました

年齢の高い方は、永代供養墓に対してあまり良いイメージを持っていないケースが多いです。昔は、それぞれの家が先祖代々のお墓を持っていて、子々孫々それを受け継ぎ守っていくのが当たり前だと考えられていました。そのため、永代供養墓に入るのは身寄りのない無縁仏だけというイメージを抱いている人が少なくありませんでした。確かに、現在でもそのような趣旨で運営されている永代供養墓は存在しています。しかし、先ほども述べたように、別の理由からあえて永代供養墓という形を選択する人が多くなってきています。一口に永代供養墓と言っても、個人墓、家族墓、夫婦墓、合祀墓など、様々な形式が考えられます。現代社会では、一生を生まれた土地で送るという人は少なくなってきていますので、永代供養墓は時代の要請から誕生した供養形式だと言うことができます。