葬儀に関する業者|プロに依頼で故人も安心

減っている

減少する自宅での葬儀

葬儀

かつては自宅で通夜や告別式を行い、亡くなった人との最後のお別れを行っていました。しかし、様々な理由から自宅での葬儀を行う人は減少しています。 その理由として挙げられるのが核家族化と近所づきあいの希薄化です。かつては自宅を斎場として葬儀を行う場合、親戚だけでなく近所の人も手伝いに行くために葬儀を行うだけの人では十分ありました。しかし、近年、子供の数も少なくなり、近所の人との付き合いも少なくなり、葬儀を行うための人手が十分に集めることができなくなってきました。また、都会では自宅で葬儀を行えるだけの広さの家を持つことが難しいという事情もあります。 そのために自宅での葬儀ではなく、葬儀会社の斎場を借りて葬儀を行う人が増えてきました。少子高齢化が進みつつあるために自宅での葬儀はますます減少すると考えられます。

自宅以外での葬儀を行う場合の注意

自宅以外で葬儀を行う場合には次のような斎場があげられます。 公営斎場の場合は費用も安いために利用希望者が多いです。また、故人もしくは喪主が公営斎場を運営する自治体に在住していることが必要となります。 葬儀社が所有する斎場の場合は、公営斎場にくらべて費用は割高になります。しかし、担当するスタッフは経験豊かなために安心して任せることができます。互助会などの会員になっていると会場使用料金が無料としているところも多いです。 菩提寺で葬儀を行う場合は故人が慣れ親しんでいる場所から送り出すことができます。普段からつきあいのある僧侶の場合何かと相談することができます。 葬儀社を選択することにより斎場の選択が決まることも多いです。そのために葬儀社の選択を先にしたほうが斎場が決まりやすいです。